ギリシャはなぜ国家破綻したのか?

パルテノン神殿

タイも大好きだけどギリシャへ旅行に行ったことが一度だけあります。

友人夫婦が毎年ギリシャに出かけていて、一度現地で会おうと言われたのです。

それで、スケジュールを合わせて、ギリシャまで行って、アテネのホテルの前にある広場で待ち合わせをして、そこで、やあ!と会ったわけです。

楽しかったですよねえ。

アテネでは、友人夫婦が良く行く店もあり、そこを訪ねて夕食のひとときを楽しんだり、パルテノン神殿まで歩いたりもしました。

そうですね、神々が近くにいるような気持ちになりました。

そこからさらに、飛行機でミコノス島まで飛びました。

地中海の小さな島にたどり着くと、自分が地の果てまでやってきたような気分になりました。

ミコノスは人気のある島ですから、観光地としても栄えており、レストランやバーなど沢山あり、そこで飲み食いをしていると、自分がその地の果てでただただ楽しみの為だけに楽しみ、この先現実に戻れなくなってしまうのではなかろうか?と大げさな気持ちになったりもしましたが、旅立ちの時はしっかりとやってきて、帰りの飛行機に乗り遅れることもなく、ちゃんと日本に戻ってくる事ができました。

でも、たまに夢想してしまう時があるのです。ミコノスの夕暮れに、ふと昼寝から醒めた時に見えた美しい夕焼けのことを。あのまま飛行機にも乗らず戻って来なかったら、どうなっていただろうかと。ふと、そんな、起こらなかった別の人生のことを。

 

ギリシャの国家破綻の原因

ギリシャ国会前のデモ

ギリシャって一度破綻した感じになっていますが、実は何度も国家破綻の危機に定期的に見舞われる国なんですよね。

というのも、ギリシャでは公務員が国民の約1/4(?)を占めており、ある意味働かなくても国からお金がもらえる人たちが25%もいるわけです。

で、元来働かない者(?)たちが多い国民性も相まって、旧通貨のドラクマが暴落、インフレになるわけですが、そのたびに「あ、ギリシャ安!旅行には持ってこい~」と海外から観光客が押し寄せる。

すると当然お金が流れてくるので国は潤い、国家破綻から免れるんですけどまたそれに乗っかってインフレが起こってまた観光客が来て・・・

という状態を繰り返していたわけですね。


でもユーロに変更になってからはそれが通用しなくなった。

結果として国家破綻を免れない状況を迎えたのが先のギリシャショック、というわけです。

 

でもギリシャ、旅行にはとってもお勧めです笑


15. 1月 2014 by 元バンコク駐在員
Categories: ブログ | Leave a comment

奥さんと映画・美容外科デート。

クラウドアトラスという映画を奥さんと一緒に見て来ました。
マトリックス3部作の監督の最新作ですね。

クラウドアトラス公式サイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/cloudatlas/index.html

映画『クラウド アトラス』長&超 予告編【HD】 2013年3月15日公開

もともとマトリックスを監督したのは、ラリー&アンディ・ウォシャウスキー兄弟の二人でしたが、今回の作品ではさらに監督が一人増え!、トム・ティクヴァが加わり3人体制になったみたいです。

そしてさらに、お兄ちゃんの方のラリーは、なんと性転換手術を受け、お姉さんに・・・ダイナミックな変貌を遂げていますね。。。

映画のほうも、ダイナミックなものでして、説明するのが難しすぎるので、詳細は公式サイトに譲りたいですが、簡単にしてしまうと、19世紀から25世紀までの6時代の話が並行して描かれます。

そして、俳優達も、それぞれの時代の中で違う人物を演じており、トム・ハンクスやハル・ベリーなど主だった役者さんたちは、6時代の話にすべて出てきます。

中にはメイクを施しており、パッと見には分からない場合もありますが、最後のタイトルロールで明かされ、本当にビックリしたものもありました。

そして、輪廻転生。同じ役者さんが演じる事により、いろいろな気持ちや魂が巡り巡っているという事が示唆されていきます。

ですから、何というのでしょう、ある時代の物語の中には、悲恋に絶望して自殺を試みる人がいるのですが、不思議と悲しくはないのです。

そのこと自体は悲しい出来事ですし、絶望しないでほしいとも思いますが、でもそういった気持ちや行為も、いつの日か別の形で救われる事も、あるのかもしれない。

そんな事を思った映画でした。

奥さんが永久脱毛することに

映画を観に行ったあと、奥さんが「ちょっと付き合って」ということで連れて行かれたのが、新宿のアリシアクリニックという美容外科。

なんでも脱毛が安く出来るとのことでクリニックに話を聞くために事前カウンセリングの予約を入れていたみたいです。

以前から、「スネ毛をカミソリで剃ると真っ赤になって、自己処理はもう限界!」と嘆いていたのは知っていましたが、美容外科で脱毛って高いのでは・・・?なんて心配しながらついていったわけですが、どうやら本当に安くお試しが出来る模様。

なんでも今キャンペーン中で2,100円で受けられるとのこと。残念ながら脚の脱毛は適用外だったみたいですが、それでもクリニックを気に入って本格的に通うことにしたみたいです。

オトコにはなかなか理解できない部分ではありますが、確かに女性がムダ毛処理をせずに外は歩けない、というのは分かります。

アリシアクリニック、どうやら東京ではなかなか人気の美容外科みたいです。

アリシアクリニック 口コミ

また明日から頑張って働かなきゃ、と思えた奥さんとのデートでした。

 


21. 8月 2013 by 元バンコク駐在員
Categories: ブログ | Leave a comment

早春物語の原田知世

原田知世ひょんな事から早春物語を見ています。
原田知世主演ですね。
ある年代以上の人は、会いたくてー会いたくてー会いたくてーの主題歌が浮かぶのではないかと思います。

タイトルバックから1980年代のキツイ感じが画面全体に漂っておりまして、これは見続けるのは無理だと思いましたが、
おっとこどっこい、吸い込まれるように物語に夢中になっています!自分でもびっくり。

面白い理由は2つあります。
1.知世ちゃん(17歳)が年上の男(林隆三)に惹かれていくのですが、これが危うくて、ついつい先が気になる。
2.知世ちゃんが幼くて、かわいい。。。
何でしょう。。。全く洗練されてないのが、逆に目が離せません。その少女が背伸びして林隆三と張り合おうとしているのが、かわいい。。。

昔の原田知世というと、歌が激下手という印象がありましたけど、劇中で松山千春の「恋」を、サラリーマンのりで交互に歌うというシーンがあり、思ったほど悪くなかったです。というかとってもとっても良かったです。(ちなみに今の知世ちゃんはとても上手です。雰囲気もあり、歌唱力もあり、そしてオリジナリティもあり、本当に良い歌手になりましたね。こんなすごい歌手になるとは当時全く想像出来ませんでしたねえ・・・。)

そんなこんなで目が離せません!まだ1/3のところで、早く続きが見たい!

■原田知世/時をかける少女

 


01. 6月 2013 by 元バンコク駐在員
Categories: ブログ | Tags: | Leave a comment

タイ料理を食べ続けて

カカオムー

あるときに、ハッと思い出したようにタイ料理に魅せられて、そこからずっとタイ料理を食べ続けてきました。
私の住んでいる街は、タイにゆかりのある街でして、タイ食材屋も、タイマッサージも、タイ料理教室も、タイ関係のものはなんでもある良い街です。

バンコクにいた頃を思い出すなぁ。

 

タイ料理を実際に作り始めて分かったのは、食材があれば、わりとなんとかなるという事です。

具体的には、ナンプラーと、それからバイマックルー、レモングラス、カーという3種の神器。あとはレモン。
以上です。
それだけ?
もちろん、他にもいろいろ欲しいものはあります。でも、最低限はこれだけあればなんとかなります。
しかし逆にいえば、これが無いと全く始めることは出来ません。

トムヤムクンにも必ず入っている、バイマックルー、レモングラス、カーは、冷凍保存が可能なので、近くにタイ食材屋が無い人は、どこかで買いためて、冷凍しておくのが便利です。

それにしても、この食材達の持つ爆発的な力はなんという事でしょう!
バイマックルー、レモングラス、カーを細かく切ったときに沸き立つ、これぞタイ料理!という香り。
それをナンプラーに漬け込んだときの、得も言われぬ味わい。
さらに、レモンの酸味で和えたときには、タイ料理でしか出会えない味の広がり~。

興奮してしまいました。

※PS最近車を新しく買い換えました~

 


05. 5月 2013 by 元バンコク駐在員
Categories: ブログ | Tags: | Leave a comment

白と黒の酸辣湯麺 辛いものが不眠症に効く?

酸辣湯麺を食べました。
美味しかった~。満足、満足。

ところで、その酸辣湯麺は、白い酸辣湯麺でした。
白と黒とあるのか?とお聞きになるのでしたら、私はあるとお答えいたしましょう。

酸辣湯麺とは、その字の通り、酸っぱいのと、辛い(辣)味の両方が混ざっているものですよね?

酸辣湯

 

黒い酸辣湯麺は、酸っぱいのが黒酢、辛いのが主にラー油など唐辛子によって構成されています。

一方、白い酸辣湯麺は、酸っぱいのが普通の米酢、辛いのが胡椒によって構成されます。

私がここで申し上げたいのは、最近の世の中の酸辣湯麺は、黒いほうの比率が高まりすぎているのでは?と言う事なんですね。

もちろん、私はどちらも好きなんです。
どちらも食べたいのです。

でも、思い返して頂きたいのは、その昔10年以上前の時代のことですが、酸辣湯麺といえば、この白い方が多くありませんでしたか?
黒酢が入らない米酢と胡椒のものです。
なんか、よく分からない豆腐もせん切りみたいな?ものが入っていたりして。あれ何だったんだろう?

こないだふらりと入った中華屋さんで、何の気なく酸辣湯麺を頼んだところ、白いほうが出てきたので、ちょっと嬉しくなって、白と黒の酸辣湯麺についてぶってみました

辛いものは以前不眠症効果があると聞いたのですが、どうなんでしょう。
友達に不眠症で悩んでいる人がいるので、一度酸辣湯を進めてみようかな。

バンコクでは本当に辛いモノばっかりで最初は食事が地獄タイムのようにしんどかったですが、
慣れてしまうと、辛くないものが物足りなくなるほど辛いモノが好きになってしまうんですよね。

確かに、バンコクでは不眠なんて聞いたことが無い気が・・・

自分自身は眠れなくなったことが無いので良くわかりませんが、知っている方がいたら教えて下さい。

 


28. 4月 2013 by 元バンコク駐在員
Categories: ブログ | Leave a comment

アメトーーク10周年とテレビの魔力


アメトーーク10周年記念番組というのをやっていて、ついつい見てしまいました。

テレビがやっかいなことは、何時になったら観るのをやめようと決めておいても、次々と引き寄せるような流れを作って、視聴者の睡眠時間に支障が出るほどに番組も成長してきている模様です。睡眠だけはきちんと取りたいものです。

 

10年と、そんなに長く放映しているのですね。知りませんでした。
アメトーークが面白いは、細かくジャンルを設定しているからですよね。
ひな壇芸人、女の子苦手芸人、相方大好き芸人とか、こういう設定の仕方はアメトーークならではだなあと思います。

毎週毎週見ているわけではないので、詳しいわけでもないのですが、私がよく覚えているのは、中川家、次長課長、友近が即興コントをやり続けるもので、
軽く皆さん狂っていて、見応えがありました。よくもまあ、あれだけ即興で続けられるなあと。そして、誰かが始めた即興に対しても、自分なりの設定をおっつけて、どんどんそのデタラメな設定を広げていくのが、面白くて。。。
こういう他の番組では見られない特集があるのが、アメトーークの見ものですねえと、今回の10周年記念番組を見て思いました。

そして、テレ朝の視聴率が好調だというニュースを見かけたりしましたが、この番組のみならず、テレ朝の11時以降の番組は、特色がしっかりしていて、見応えのあるものが多いですよね。個人的には、若いころはフジテレビを見て育った感覚があるので、フジが元気ないのはちょっと残念な気がしますが、でも、実際にテレ朝の勢いはとても感じますよね。

過去の遺産がない分、しがらみにとらわれず、、もっと面白い番組を作って欲しいですね。楽しみです。


25. 4月 2013 by 元バンコク駐在員
Categories: ブログ | Tags: | Leave a comment

キッチン家電マニアック


昨日、マツコの知らない世界を見ていたら、物欲スペシャルということで、いろいろなジャンルのマニア達が熱く語っておられました。

昔なつかしい文房具、日本全国のスーパーで売られている食品、などなど。

 

でも、個人的に一番そそられたのは、キッチン家電マニアックの方!
炊飯器、ホームベーカリー、冷蔵庫・・・ こういう家電って、実際に沢山は買えないじゃないですか?
でも、実際に使って、食べ比べてもみたい・・・。そんな欲求が満たされた瞬間でした。

炊飯器の進化がスゴイらしいのは、やはり白米が日本人の心だというコトなのでしょうね。
各メーカー、内釜の作りに凝っていて、やれ土鍋だ、鉄釜だ、炭釜だと、しのぎを削っていますが、
こういうものはやっぱり実際に食べてみたいなあと思ったら、量販店でそういう食べ比べイベントがあるんですね!ビックリ。
今度行ってみようかな。。。

あとは、ホームベーカリーも美味しそうでついつい買いたくなってしまう。。。
ホットサンドメーカーの内側の型を変えると、ワッフルとか、ドーナツ、たい焼きなど、いろいろ種類が作れるというのも、そそられる。(どうせそんなに沢山はやらないのにね~)

一番、ビックリだったのは、その人の家に、冷蔵庫が2台あるということ。
1台は常用、もう1台はレビュー用?やっぱりマニアの人だと、使ってみて感想を教えてくださいとか、そういう仕事もあるんでしょうねえ。


冷蔵庫については東芝を推していて、マニアの人に力説されると、確かにぐぐっと引き寄せられますよね、ちょっと買いたくなってます。。。

ああ、食べ比べがしたい~


21. 4月 2013 by 元バンコク駐在員
Categories: ブログ | Tags: | Leave a comment